治療と子育ては似てる!?

患者さんと話をしていた時
「うちの子の悪い所ばっかり目について、
つい怒ってばっかりで・・・」
とのこと。

確かに、悪い所は気になるけど、
良くなっている所や出来るようになったことって、
つい当たり前と思って見過ごしていませんか?

でも何回も「勉強しなさい!」
「部屋を片付けなさい!」と言ったところで、
当の本人はまた言われてる~
という感じであまり効果ないことないですか? 

見方をちょっと変えて

「今日は先に宿題すましたのね」
とか
「机の上きれいになってるね」
とか

良くなったことを見つけてあげると、
10回怒るよりよっぽど効果ありますよ~

ほめる方もよく観察しておかないと、
子どもの変化に気づかないので、
こっちもどこか褒めるところないかなぁ~
と子どもの行動をよく見るようになります。
s_ファイル 2017-06-06 9 03 42

これって、治療も同じですよね。

「昨日より手がよく上がるようになってますよ」
「前回よりもベッドから起き上がる時、
顔をしかめることがなくなりましたね」
など

本人が気がついていない身体の変化を見つけて言ってあげると、
患者さんも
「あれ、そうだなぁー。この前よりも動きやすくなってる!」と
脳に良いイメージを送ります。

人間の身体は「痛い・つらい・しんどい」
とばかり悪いイメージばかり思うと
なかなか回復力が高まりませんが、

「ちょっとラクかも」
「動きやすくなってきた」と良いイメージを持つと、
不思議と回復力が高まってきます。

子育てと治療、
どちらも相手のことをよく観察して、
適切な言葉をかけるということが大切だなぁ~
と最近つくづく思います。


中松鍼灸整骨院Facebook
https://www.facebook.com/nakama2nakama2/

エキテン 】ネット予約はこちら
http://www.ekiten.jp/shop_2529688/?tnm=rb

中松鍼灸整骨院 】姿勢と食事の分析 和歌山市の整体・リンパ治療院
http://www.nakama2.com/

中松鍼灸整骨院

a:207 t:1 y:1

コメント


認証コード1626

コメントは管理者の承認後に表示されます。